更新日 : 09月01日

日仏文化学院パリ日本人学校

よくある質問。 Q&Aコーナー

経費はどれくらいかかりますか?

answer 平成29年度
入学金が700ユーロ,授業料は小学部中学部ともに年間3900ユーロを12ヶ月で分割し、原則学期単位払いもしくは、月単位(325ユーロ)払いで納入をしていただいております。
※ 平成29年度の授業料、入学金は据え置きです。よって上記の金額です。
平成29年度バス負担金は、月額208ユーロ(利用月のみ)です。
 

パリ市内から学校までどのくらいかかりますか?

answer 通常スクールバスで通学します。その日の交通事情によりますが,渋滞等がなければ20~45分くらいです。バスコースやバスポイントによって多少時間が異なります。詳細は交通機関のご案内を参照してください。

パリ市内のスクールバスのバスポイントはどこにありますか?

answer 詳しいバスポイントはセキュリティーの関係で公開できません。細かい地図や時刻表は学校で手渡しいたします。パリ市内で多く日本人が住んでいるところには必ずありますので安心してください。パリ市以外ではブローニュ,ヌゥイにもあります。それ以外の場所からの通学は保護者の車または,電車,路線バスによる通学になります。

制服はありますか?

answer 特にありません。体育の授業の時は運動に適した服装が必要になります。

通学カバンはどのようなものがよいですか?

answer 学習用具が十分入る大きさで、背中に背負えるものであれば、特に指定はありません。ちなみに、小学部の児童は、ランドセルで登校する子とリュックで登校する子が半々の割合です。

靴はどんなものを準備すればよいでしょうか?

answer 本校では、校舎内を上履きで、校庭など校舎外は外履きで活動しています。上履きは、特に指定はありません。日本の学校で使っていたものをそのまま使っている児童・生徒も多数いますし、新たに市販のシューズを購入し、それを上履き専用として使っている児童生徒もいます。体育館での体育は上履きで行いますので、動きやすいものがよいです。外履きは、校庭体育や外遊びで使用しますので、運動できるシューズをご準備ください。(ブーツ・長靴など運動できない靴で登校し、体育など校庭での活動がある場合には、別途運動できる校庭用のシューズをもたせています。)

給食はありますか?

answer 給食はありません。お弁当を用意していただきます。ただ,業者のお弁当を注文することもできます。(普6.5ユーロ,大8.5ユーロ)朝学校で注文をします。

フランス語の授業がありますが,ついていけるでしょうか?

answer フランス語は小学部1年生から中学部2年生まで学年毎に初心者・経験者と分かれています。(中学部3年生は履修しません。)初めてのお子さんでも初級で学ぶことができます。小学部3年生以上の英会話も2つのクラスに分かれます。

フランスで日本のノートなどを購入できるでしょうか?

answer 日本式の文房具を取り扱うお店があります。ただし、割高となってしまうので、日本で余分に購入することをお勧めいたします。

卒業後の進路先は?

answer 本校には高等部はありません。中学3年生は卒業後,日本国内の高校への進学,ヨーロッパにある在欧高校への進学,日本語セクションがあるインターナショナル校や現地校への進学となります。

小学部5・6年生と中学生は体験学習や修学旅行があるようですが,費用はどのくらいでしょうか?

answer 目的地や活動内容、参加人数で費用が異なります。平成28年度の場合、小学部5,6年生の体験学習(3泊4日)は496ユーロ、中学部1,2年生の体験学習(4泊5日)は662ユーロ、中学部3年生の修学旅行(4泊5日)980ユーロかかりました。

転校の手続きはどのようにしたらよいでしょうか?

answer 日本国内における転校と全く同様です。現在通っている学校へ一般的な転校手続きをしていただくと,必要になる書類を作成してくれます。教科書を必ず準備してきてください。

日本語ができなくても入学できますか?

answer 入学できないというわけではありませんが、学習の遅れや学校生活での困難を感じると思います。家庭での協力をお願いしながら対応できるように努めていきます。

塾やスポーツスクールなどもありますか?

answer 日本人学校では斡旋はしていません。また,放課後の特別授業も実施はしていません。本校の児童生徒の中には日本人を対象とした塾やテニス,サッカーなどのスポーツクラブに所属している児童生徒もいます。フランスの社会教育の団体に所属している児童生徒もいます。

特別進学クラスがありますか?

answer 特に成績でクラスを分けることはありません。

初めての転校ですがみんなと仲良くできるでしょうか?

answer 全く心配はいりません。本校の児童・生徒のほとんどは転校生です。新しい友達は誰でもみんな大歓迎です。すぐにとけ込み一緒に生活することができるようになります。しかし,転出していく児童生徒も多いため、たくさんのお別れもあります。年度当初の4月と年度末の3月を比べるとクラスのメンバーもだいぶ替わります。

学校を見学したいのですが?

answer 特別なことがない限り見学はいつでもできます。日程など詳細が決まりましたら,学校へ連絡してください。

どんな方が先生をしているのでしょうか?

answer 多くの職員(校長,教頭,一般教諭 計12名)は文部科学省が各都道府県から採用した現役の教員です。この他に現地採用の講師(フランス語,英会話,音楽の6名)もいます。保健室でけがや病気に対応する看護師免許を有する先生(1名),学校事務や社会見学,遠足などの調整や対応をする事務職員(4名)が児童生徒の支援をしています。

COPYRIGHT 2012 日仏文化学院パリ日本人学校 ALL RIGHTS RESERVED